toggle
暮らしと観光情報 インフォメーション

コンセプト

近年、外国人観光客の増加に伴い、伏見においても景気回復が期待されています。
しかし一方で、好景気が一部の企業やショップに限られ、地域全体に及ばないという課題があります。これでは、本当の意味での「地域活性化」にはなりません。
地域の継続的な活性化につなげるために、伏見区を中心として、伏見を「魅力あるまち」に育て、ファンを獲得することが不可欠です。

ただ観光案内、情報発信としてだけでなく、『フシミ大学』を併設し、伏見大手筋商店街内に設置するメインキャンパスを中心に、地域全域を「学び・遊び・交流の場」と捉えた大学です。「学び」を通して地元の魅力に気づき、地方創生のきっかけを創る。
そして、地域の「稼ぐ力」を引き出し、地域を活性化させる。